ShuShark's Photolog

日々の撮影記。主にオーロラとカワセミ、たまに海。

オーロラ

2018-12/2019-01 グリーンランドでオーロラ観測 Day7(カンゲルルスアーク)

投稿日:

グリーンランドでのオーロラ観測、旅の7日目のログです。

12月28日 フライト:羽田→関西→ヘルシンキ→コペンハーゲン
<コペンハーゲン泊>
12月29日 フライト:コペンハーゲン→カンゲルルスアーク(グリーンランド到着)
<カンゲルルスアーク泊>
12月30日 フライト:カンゲルルスアーク→イルリサット
<イルリサット泊>
12月31日 <イルリサット泊>
1月1日 <イルリサット泊>
1月2日 フライト:イルリサット→カンゲルルスアーク
<カンゲルルスアーク泊>
1月3日(いまここ) <カンゲルルスアーク泊>
1月4日 <カンゲルルスアーク泊>
1月5日 フライト:カンゲルルスアーク→コペンハーゲン
<コペンハーゲン泊>
1月6日-7日 フライト:コペンハーゲン→ヘルシンキ→関西→羽田

 

イルリサットから戻った昨日、さっそく素晴らしいオーロラに会えて嬉しかったです。

しかし、本日の日中はずっとこんな感じの暗い空↓(ホテルの部屋から撮影)

20190103-kangerlussuaq-DSC_0669

手前のトロッコ列車?は、グリーンランド島内を結ぶ、小型飛行機の荷物の運搬車だと思います。私の荷物もこのトロッコのお世話になったのかもしれません。

 

いつものことながら、日中は特にやることがありません。

イルリサットは小さい「街」であったのですが、カンゲルルスアークはほぼ空港しかありません。この時期は観光客も皆無のようで、空港の観光案内所には誰もいませんでした。

 

よって、ホテルに引きこもりです。のんびり過ごしましょう。

 

ホテルのちょっとした情報。私が滞在した、Hotel Kangerlussuaqのクリスマスから年末年始にかけての営業状況↓

デンマーク語の「Lukket」は、クローズ(閉店、休業)を意味します。

イルリサットへ移動した日のログで書いたとおり、12月30日-1月1日はホテルに空きがありませんでした。仮に泊まれたとしても、12月31日-1月1日は諸々の施設が完全にクローズ状態になっていますので、色々と不都合があったかもしれません。

 

カフェテリアでのんびり昼食を。カフェテリアでは、いわゆる「日替わりランチ」をやっていたので、(詳細はよくわなからないけど)それを注文したところ、

 

レジのおばちゃん「本当にこれでいいの?」

私「え、オススメしない?」

レジのおばちゃん「決してオススメしない。こっちにしたら?」

私「はい、そうします(従順な日本人)。」

 

そして出てきたのがこちら。

Sweet and sour chicken(正確なメニュー表記でないかも)。酢豚の鶏肉バージョン、つまり酢鳥といったところでしょうか。

これが意外と美味しかったです。カンゲルルスアークを離れる日、最後の昼食もこの酢鳥をいただきました。

 

食事後の一服は、

爆弾!?風の灰皿の前で。

あちこちにこの爆弾風灰皿がありました。カンゲルルスアークはかつてアメリカの軍事基地でした。この灰皿は昔は本当の爆弾だったのかもしれない。。

 

そして、スーパーへ。

本日はさすがに酒売っているでしょ!、と思ったら、何度となく見たカーテンが掛かっている。えー、いつまでパブリックホリディ(※酒売れない日)やってんじゃぁ!

 

って、私の近くを通ったおばちゃんの買い物かごには、しれっとワインの瓶が入っている。

。。

あら、普通に売っているのね。。勘違い。

でもカーテンをめくるときには、ツ○ヤの18歳未満立ち入り禁止コーナーに入る気分でした。インターネット世代の若者はそんな気分を味わうこともないのでしょうが(←いったいなんの話をしている)。

 

本日の醜態はこの辺にして。オーロラ観測のログを。

 

本日は日中に引き続き、夜の天気予報も悪く、さすがにダメだろうと諦めかけていました。

しかし、午後9時頃から晴れ間が出てきました!

 

20190103-kangerlussuaq-DSC_0423

午後9時半過ぎの東の空。三脚・カメラと共に(※たまたま入ってしまった)。

 

20190103-kangerlussuaq-DSC_0428

昨日に比べると、本日は静かなオーロラさんでした。

 

20190103-kangerlussuaq-DSC_0692

こちらは南の空。

 

20190103-kangerlussuaq-DSC_0695

オーロラが弱い時は、露出を上げて撮ります。そうすると、星もいっぱい写ります。オーロラと星のバランスがよい感じに。

ブレークアップに至らなくとも、オーロラは様々な美しい姿を見せてくれます。

 

オーロラがほぼ消えると、すぐに空は雲に覆われてしまいました。昨日も似た感じだったのですが、ちょうどオーロラピークの時間に空が晴れてくれました。

カンゲルルスアークはオーロラ姫(※オーロラの語源はローマ神話)のお加護を受けているような、そんな気がしました。

 

-オーロラ
-

執筆者:

関連記事

9月17日 アイスランド Day4

本日もトップ画像から雲のクソ野郎にやられています。 昨日も帰りが遅かったので、昼からのんびり起床です。 遅い朝食を摂って、たまった洗濯物を洗ったりして過ごしました。備え付けの洗濯機、やたらと洗濯時間が …

2019年4月 カナダ・イエローナイフでオーロラ観測 Day11-12

2019年4月のイエローナイフでのオーロラ観測、最終日の日本への帰国までのログです。   早朝6時のフライトでイエローナイフを発ちます。 午前4時半頃に空港へ行き、レンタカーを返却しました。 …

9月21日 スウェーデン Day8

2018年秋のオーロラ観測、8日目のログです。7日目はこちら。   本日でアビスコ最後の夜となります。が、トップ画像のとおり、オーロラは雲の彼方に。。   日中のことは、また忘れま …

1月5日-1月7日 アラスカ Day8-10(ベテルス→フェアバンクス→シアトル→成田)

フェアバンクス、ベテルスでの散々なオーロラ観測を終え、後は来た道を帰るのみです。   朝10時頃にベテルスを発ちました。今更晴れてきたんですけど。。 フェアバンクスへ向かうセスナ機から綺麗な …

2019年4月 カナダ・イエローナイフでオーロラ観測 Day9

2019年4月のイエローナイフでのオーロラ観測、9日目のログです。   そろそろイエローナイフを離れる日が近づいてきました。 1週間以上滞在していますので、宿にゴミと私には脂肪(体動かさない …

アーカイブ

東京都内在住、30代半ばの独身男が運営する日々の撮影記のブログです。写真はFlickr、動画はVimeoを公開先に利用しています。

お問い合わせは以下のコンタクトフォームからどうぞ。
コンタクトフォーム